4 Sep 2010

回復へ一歩一歩。

昨日からやっと点滴なし!
神経の中に薬入れる治療だけだったが、新人なのか何なのか
医者には見えない、どう見ても看護婦か助手っぽい若い女子に治療をされた。
先生が「じゃあジェータイで」女子「じぇーたい?じぇーたい…」みたいな会話。
そして治療に慣れてないのか、針や削るマシーンをよく唇や関係ない前歯にぶつけやがる。
なんか先生なしで手探りでやられて、えぇぇ…大丈夫?とドキドキしながら終了。


そういえば、かかりつけだった歯医者の方は
あたしが聖路加に行った方がいいのか迷ってるとき
「行ってもいいですけど、同じ治療しかできないと思いますよ」と抜かしてたな。
薬も治療方も全然違うじゃね〜か!
危うく顔が腫れ垂れ下がって、手術が必要になるとこだったぜ。


昨日はまた聖路加の中を物珍しくうろうろしてみた。
病院内にスタバ、ブティック(?)、画廊などがある。
旧館の方にはチャペル。でかいパイプオルガン発見。
旧館の方は戦前にできたのかな?あんま日本ぽくないとこチラホラ。

売店は期待度を大きく下回り、小さく普通だった。
が!まい泉のカツサンドが置いてあった!さすが。

次回は中庭でも行ってみようかな〜。
まだまだ腫れの治療は続くんでね。


食事はもうほとんど普通に食えるが、右向いて寝れないし
カラオケもまだちょっとお預けかなぁ。うぅぅぅぅ。

No comments:

Post a Comment